1996年大河ドラマ「秀吉」 総評

この大河ドラマをきっかけに、歴史が好きになった、もっと好きになったという愛好家も数多く居ることであろう。ザ・不朽の名作。
サムネ

概要

豊臣秀吉の生涯を描いたサクセス・ストーリー。

秀吉が「日吉丸」を名乗る頃から物語は始まり、主君・織田信長との運命的な出会いを経て、後の天下人への階段を駆け抜けていく、爽快感に溢れる作品。

キャスト

・羽柴秀吉 竹中直人
・おね 沢口靖子
・淀 松たか子
・大政所 市原悦子
・織田信長 渡哲也
・羽柴秀長 高嶋政伸
・蜂須賀小六 大仁田厚
・竹中半兵衛 古谷一行
・黒田官兵衛 伊武雅刀
・千利休 仲代達矢
・足利義昭 玉置浩二

とんでもなく豪華である。

玉置浩二の演じる、アホの足利義昭が面白かった。

市原悦子の演じる、大政所(なか)のナレーションにより、物語が進行していくスタイルも印象に深い。
※母親視点で、息子秀吉を見つめる

原作・脚本

・原作 堺屋太一
・脚本 竹山洋

歴代最強クラスの面白さを誇る大河ドラマ

まず、オープニングの高揚感がたまらない

豊国神社

幼少の日吉丸が階段を駆け上がるシーンが印象的であるが、ここは豊臣秀吉の眠る墓、豊国神社(豊国廟)に通ずる石造りの階段である。

印象に残っているシーン

ドラマの印象に残っているシーンをピックアップ。

ツバが飛びまくり、野生感あふれる秀吉。

竹中直人の直球・全力投球を見た。

この人しか似合わないでしょ(笑)、秀吉役。

冷静な弟

高嶋政伸の演じる、弟・羽柴小一郎秀長が、破天荒な兄に対して、いつもグチってた言葉。

「あにじゃ~・・・。」

蜂須賀小六の革スーツ

プロレスラー兼国会議員である大仁田厚の演じる、蜂須賀小六が脳筋になっていた。

変な革スーツとバズーカを持っていた。(墨俣一夜城、金ヶ崎殿軍撤退)

アホの足利義昭

玉置浩二の演じる、キツネっぽい足利義昭が意外と似合っていました。

本能寺の変に散る、織田信長

渡哲也の演じる、白装束の織田信長。

神か・・・。神が死ぬか!

と言い放って、刀を首に掛けて絶命するシーンは鳥肌モノです。

ハイライト (個人的なクライマックス)

中国大返し。

秀吉の人気も、ここから大返し。

総評 (5.0点満点)

・配役 5.0点
・脚本 5.0点
・総合 5.0点

文句なし、ダントツの1位です。

当時を思い出しながら書きましたが、結構覚えているものですね。