初回を見た感想や、今後への期待

2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の初回を観ました。率直な感想、今後に期待するものなど。
サムネ

マイナー人物を取り上げる難しさ

今回の大河ドラマは戦国時代を題材にしており、また一般には少しマイナーな黒田官兵衛を採り上げているということで、結構期待感を持ちながら初回を迎えました。

第一印象

感想は率直に言って、結構地味だな(笑)と感じました。何だろう、華があるわけでもないし、戦国時代特有の爽快さもあまり感じませんでした。黒田官兵衛自身が裏方の軍師という立場であり、あまり表にグイグイ出てくるような強い印象もない。

こういったマイナーな人物を採り上げることの難しさのようなものを感じました。

さすがに織田信長や木下藤吉郎秀吉が出てくるシーンでは、一転して華々しくそのシーンが映りましたが。

やはり信長や秀吉が出てくると期待感が全然違いますね! 華があります。

秀吉に出逢うまでは

幼少期や秀吉と出会う前の、無名時代の黒田官兵衛を描く大河ドラマ初回~数話の間はどうしても地味になりがちなので、こういった華のあるシーンを所々に盛り込んで観てる人を飽きさせないような配慮が大事になってくるのでは?と個人的に思いました。

私自身も歴史に詳しい方ですが、それでも結構地味に感じました。あまり黒田官兵衛を知らない人はもっと地味に感じたかも知れませんね。

こういう地味な大河ドラマの方が良いという意見もあるかと思いますが。

如水 (水の如く、しなやかに)

綺麗な官兵衛

あと、黒田官兵衛を綺麗に描きすぎないようにして欲しと思います。

確かに、黒田官兵衛は生涯側室を持たず、1人の妻と添い遂げたなど、人間的に誠実な一面もあるのですが、やはり心の内に計り知れないエネルギーと、危うさを匂わせている人物であり、腹の内が誰にも読めない怖さも持ち合わせている人物です。

まだ初回を見ただけの感想なので、今後も評価が変わってくるかとは思います。

黒田官兵衛の話が本格的に面白くなるのは、やはり羽柴秀吉や竹中半兵衛と出会った後からであり、ワクワクするような話が沢山出てくるかと思います。

個人的には秀吉との関係がどのように変化していくのか、それをどのように描くのかに注目しています。

今後の展開に注目です!