織田NOBU株式会社

織田信孝の名言

かつてないほど恨みが込められた名言、というか辞世の句・・・。
サムネ

昔より 主を討つ身の 野間なれば 報いを待てや 羽柴筑前

辞世の句

昔より 主を討つ身の 野間なれば 報いを待てや 羽柴筑前

いやあ、一言で言って恨みたらたら。

ここまでドロドロした辞世の句はあるでしょうか。

織田信孝は信長の息子(三男)。

羽柴筑前は羽柴(筑前守)秀吉、つまり後の豊臣秀吉のことです。

急速に乗っ取られた織田家

1582年に本能寺の変が起き、信長が横死します。秀吉はその時中国戦線で毛利軍と対峙していました。

炎

秀吉は早急に毛利軍と講和をまとめ、京都に急ぎます。そして織田信孝を総大将に据え山崎の合戦において明智光秀を討ちます。

織田信孝は信長の息子であり、将来織田政権の中枢に居るはずでしたが、秀吉の巧みな外交・調略によって、織田政権は急速に秀吉に乗っ取られていきます

はらわたが煮えくり返るほどの恨み

そして本能寺の変からわずか一年後、織田信孝は秀吉に降伏し、自害させられます。

その際に詠まれたのが、この辞世の句だといわれています。

辞世の句中に、名指しで「羽柴筑前」と言い放っている強烈さよ

おそロシア。