大正時代のファッションに憧れる

大正ファッションに感じる美しさの形や、なぜこういった日本文化は廃れてしまったのかなど、調査・考察してみました。
サムネ

大正ロマン香る雰囲気が好き

大正時代のファッションは、どこか心を惹かれるものがありますよね。ベタな所だと「はいからさんが通る」に出てくるファッションとかが想像しやすいですよね。

大正ロマン香るこの雰囲気がとても良いです。

戦後の西洋化によって、洋服を着ることが当たり前となってしまった現代では、これらの着物は卒業式や成人式といった特別な行事でしか見ることができなくなりました。

私は、普段着でもこういった大正ファッションや着物を着ている人を見かけたら、思わず心惹かれてしまいますけど、本当に好きでなければ、普段から身につけるのはなかなか勇気が要りそうですね。

日本人が「美しい」と感じる色彩

着物の最大の特徴はその色彩の良さにあると思います。ふと目にしただけで直感的に「美しい」と感じさせられる何かがありますよね。着物文化は数百年も前から続いており、最後の着物文化とも言える大正ファッションには、日本人のこれまでの美意識が詰め込まれているように思います。

色彩豊かな女性ファッションに比べ、男性の大正ファッションといえば、すでに西洋スーツが大分一般にまで普及しているような印象があります。一方、文化人や小説家などは、男性着物をラフに着こなしているイメージがあります。白い生地に黒の横縞が一本入った麦わら帽(カンカン帽といいます)とか、大正レトロな印象を受けますよね。今被っても十分オシャレだと思います。

安価で機能性に優れる洋服に押される

こういった大正ファッションは、昭和初期~戦後を経て徐々に衰退し、西洋の洋服に取って代わられてくこととなります。それには、いくつかの理由があるようです。

  • 素材のコストが高いこと
  • 着付けに手間が掛かること
  • 動きにくいこと

などが挙げられます。着物に上記のような欠点があるのに対し、洋服は安価で大量生産に向いており、また高い機能性も備えています。安価で気軽に着れる洋服は、戦後のアメリカ文化の流入や憧れとともに、一般大衆にまで広く浸透していくこととなります。

「アメリカ文化の流入や憧れ」に関しては、アメリカが戦勝国として(GHQによる)日本占領統治をしばらく行っていたことと、日本が敗戦国として貧しい戦後の時代を過ごしてきたことが、関係してるように思います。物に溢れるアメリカや西洋文化が、日本人にはまぶしく映ったのかもしれません。

もっと着物を着る人が増えてほしい

現在では、普段着で着物を着ている人はほとんど見かけません。着物文化自体は残っており、礼服という形で、結婚式・成人式・卒業式をはじめ、冠婚葬祭などに着られています。夏の花火大会などでは浴衣として見かけたりもしますよね。

着物

形がある程度決まっており全体的に地味になりがちな着物より、洋服のほうがスタイリッシュなのは私もそう感じます。また、ほとんどの人が洋服を着ている中で、着物を着ることは勇気の要ることかもしれません。

一度捨ててしまった普段着の文化を変えることは非常に難しいですが、「もっともっと日本古来の文化である着物を着る人が増えていって欲しい」と個人的には思っています。

最近では、通信メディアの発展などにより、遠くに住む外国人でもこういった日本文化を身近に知ることができるようになり、色彩豊かな日本文化に憧れを抱く外国人も増えてきているようです。これを追い風にして、大正ファッションを復活させよう!(笑)