合戦情報

織田NOBU株式会社の主な合戦情報を紹介します。
サムネ

主な合戦経歴 (※すべて鎮圧済み)

長篠の戦い 空撮
永禄3年5月19日
(1560/6/12)
桶狭間の戦い
  • 織田軍3,000 × 今川軍25,000
  • 尾張国
元亀元年6月28日
(1570/7/30)
野村合戦(姉川の戦い)
  • 織田軍20,000 × 浅井軍8,000
    徳川軍5,000 × 朝倉軍10,000
  • 近江国
元亀元年9月12日~
天正8年8月2日
(1570/10/11~
 1580/9/10)
石山合戦 (石山11年戦争)
  • 法主の顕如が石山本願寺にて挙兵・籠城し、長島一向一揆・越前一向一揆・加賀一向一揆などを扇動。
  • 摂津国の石山を中心に各地に飛び火。
天正3年5月21日
(1575/6/29)
長篠の戦い
  • 織田・徳川連合軍38,000 × 武田軍15,000
  • 三河国

桶狭間の戦い (情報戦による勝利)

当社をご存知ない方でも、「桶狭間の戦いは聞いたことがある」、という方は意外にも多いかも知れません。桶狭間の戦いは、当社が存亡の危機を賭けて臨んだ合戦であります。

領民の皆さまの貴重な情報提供もあって、休憩中の今川軍の本隊に突撃し、見事勝利を収めることができました。この勝利がなければ、当社の今も存在していなかったといえます。

当社はこの合戦における情報というものを非常に重要視しております。その証拠に、桶狭間の戦いにおきましては、今川義元の首を取った者ではなく、今川軍本隊の居場所を教えた者を勲功第一の者(一番手柄を立てた者)をとして褒賞を与えました。

きたるべき合戦におきましては、皆さまの情報提供を社員一同、心待ちにしております。