織田NOBU株式会社

光ルータが壊れた。僕はネットから解放され、束の間の休日を過ごした

インターネットに縛られた生活から解放されたが、と同時に時間の潰し方に困った。
サムネ

光ルータ、壊れる

インターネットに突然繋がらなくなったので、「またいつものことか」と思い、光ルータの電源を入れ直した。

光ルータ

いつもであれば光ルータの電源ON-OFFでネット回線が復旧していたが、今回はそうではなかった。というか、ルータの電源ランプすら点灯しなかった。

この光ルータは、NTT光電話を契約する際に無料で貸出してくれたものであり、カスタマーサポートに電話を入れれば無償で交換してくれる契約である。

ネット回線の復旧自体は、壊れた光ルータを交換してもらい、ネットの設定(PPPoE設定)を行って次の日には復旧できた。

インターネットが使えない不便さを実感する

YouTubeにはほぼ接続状態、時間のほとんどをパソコンの前で過ごすという怠惰な生活に慣れてしまっており、いきなりそれを剥奪された瞬間は非常に不便さを感じた。

私はパソコンがメインなので、スマホで調べものをする・スマホで動画を観るといった行為は普段行っていない。というかパケット1GBの契約なのでスマホでネットを酷使することは念頭にない。

一応スマホを使えばネットの世界に戻れるが、今回は「まぁそこまでしなくてもいいか」と思い、インターネットから隔絶された。

目の前には、膨大な時間が残ったのである。

やることがなくなったので、昔読んだ本をもう一度読み直した

さて、いきなり膨大な時間を与えられた私は、昔読んだ本を読み直すことにした。

歴史小説

ネットが発達する前は、よく歴史小説を読んでいたなぁ。

私の血となり肉となり、私を形成する一部を担った本達は、未だに捨てられず手元に置いてある。

ネットから開放され、束の間の平穏を得る

現在は情報過多の時代であり、ネットからは常に自分の脳に情報がインポートされる。

常にだ。

こちらは情報を受け取る一方なので、ろくに情報の精査も行わず「へーそうなんだ」と納得して次の情報に目を向けることに慣れてしまっている。もちろん、精査する情報もあるが、滝のように流れてくる情報のほとんどは軽く受け流している。

これじゃあ、ゆっくり立ち止まって自己を内省する時間もないのだよな。

今回の一軒は、ネットから開放され、束の間の平穏を得るよい機会となった。

みんな登山したり、キャンプしたりする理由が少し分かった気がした。(理由はそれだけじゃないだろうけど)